スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

自宅でのケア

こんにちは。獣医師の竹内ですクマ

あっという間に10月になり、だんだんと今年の終わりも近づいてきましたね走る

 

今回の自宅でのケアは、『耳毛抜きと耳掃除』ですエクステンション

耳毛抜きですが、トイプードル、シュナウザー、シーズーなど

特定の犬種に限られてきますイヌ

写真の赤い丸の部分、耳の穴の中から生えている毛は抜いても、

あまり痛がりません。意外と指でも抜けるので、

毛だけをしっかりとつまんで、抜いてあげましょうき

毛があると耳が蒸れて、菌やカビの繁殖につながりますガーン

 

耳毛の処理が終わったら次は耳掃除です!!

ご自宅で耳の中まで洗いたい場合はイヤークリーナーを用意してください。

液体を耳の穴の中に入れて、耳の付け根をもんであげてくださいグー

中から汚れが浮き出てきたらふき取りるか、頭を振ってもらってください。

 

イヤークリーナーがない場合は表面についた汚れを、コットンなどで

優しくぬぐい取ってあげてくださいポイント

綿棒を使うのも問題ないですが、強くやりすぎないように注意しましょう。

綿棒ですが、耳の穴に普通に入れる分には写真のように鼓膜には当たりません

入れてコツっとなる部分は軟骨なので、それ以上は奥に入れないようにしましょう。

 

耳毛抜き、耳掃除はご自宅でやるのはかなり難易度が高いと思います。

もちろん、病院でも行っていますので、ぜひお越しください晴れ

スポンサーサイト

コメント