本年の診療を終了しました。

さきほどをもちまして、

本年の診療を終了いたしました。

 

毎年のことですが、傷の管理や

抜糸のことを考慮すると年内の手術を

ある程度制限しなければなりません。

 

その中でも緊急性の高い手術をどうしても

やらざるを得ない状況になります。

今年は、ウサギさんの子宮疾患と

ダックスさんの椎間板ヘルニアでした。

 

手術も無事に終了し、ひとまず

元気でご自宅に返すことができました。

一緒に手伝ってくれているスタッフや

当院を選んでいただいている飼い主様に

感謝し、また来年の診療も頑張っていきたいと思います。

 

2017年は、ときどき病院を不在にしましたが

手術の実習セミナーなどに参加したりしていました。

2018年は、春から新たなスタッフを迎え、

ますます皆様の大切なご家族の為に

質のよい獣医寮をご提供できるよう

頑張っていきたいと思いますので

よろしくお願い致します。

 

院長 勝間健介

 

スポンサーサイト

コメント