ネコちゃんの排尿トラブル

こんにちは、獣医師の竹内ですクマ

雪はほとんど解けましたが、すごく寒い日が続いていますね冬

 

最近、『頻尿』『血尿』『排尿しない』、といったことで

来院される方が増えていますので、今回は『ネコちゃんの排尿トラブル』についてですエクステンション

 

上に書いてあるような症状を起こす病気を『下部尿路疾患』といいます。

この病気は

 結石:膀胱内に結晶や結石がある

感染:細菌などの感染

 特発性:ストレスなど

といったことが原因で起こります。

 

中でも怖いのは,侶訐个任后

特に男の仔では尿道が細く、小さい結石が詰まってしまうことがあります。

詰まってしまうと、『何度もトイレに行く』、『踏ん張っているけど出ない』、

『排尿時に鳴き声を上げる』などが起こってきますDocomo_kao18

万が一詰まってしまった場合は、できるだけ早く詰まりを解消する処置が必要です救急車

あまりにも排尿できない時間が長いと、腎臓にも負担がかかり、

元気、食欲がなくなったり、吐いたりするようになり、命にかかわることもあります恐怖

 

もし、このような症状を確認したら、早めに病院にお越しください走る

お知らせ

こんにちは、獣医師の竹内ですクマ

 

皆様、あけましておめでとうございますお正月

新年の診察が始まって、早や1週間が経ちました。

今年は色々なテーマでブログも更新していきたいと思っていますよろしく

 

お知らせがあります。

 

1月14日(日)午後5時以降

  30日(火)終日ですが、院長が不在です。

診察は竹内が行います。

 

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

本年の診療を終了しました。

さきほどをもちまして、

本年の診療を終了いたしました。

 

毎年のことですが、傷の管理や

抜糸のことを考慮すると年内の手術を

ある程度制限しなければなりません。

 

その中でも緊急性の高い手術をどうしても

やらざるを得ない状況になります。

今年は、ウサギさんの子宮疾患と

ダックスさんの椎間板ヘルニアでした。

 

手術も無事に終了し、ひとまず

元気でご自宅に返すことができました。

一緒に手伝ってくれているスタッフや

当院を選んでいただいている飼い主様に

感謝し、また来年の診療も頑張っていきたいと思います。

 

2017年は、ときどき病院を不在にしましたが

手術の実習セミナーなどに参加したりしていました。

2018年は、春から新たなスタッフを迎え、

ますます皆様の大切なご家族の為に

質のよい獣医寮をご提供できるよう

頑張っていきたいと思いますので

よろしくお願い致します。

 

院長 勝間健介

 

年末年始の診察について

こんにちは、獣医師の竹内ですクマ

寒い!これに尽きます。風も冷たくなりましたね風

 

最近、お知らせばかりで申し訳ありません。今日もお知らせです。

12月に入り、年末年始の診察に関して

お問い合わせいただく機会が増えてまいりました。

当院は以下の通り、年末年始の診察を行っていますお正月

    〜 12/28 通常通り

12/29〜 12/30  短縮診療

12/31〜   1/3  休診

  1/4  〜   1/6  短縮診療

  1/7 〜            通常通り

 

短縮診療の日は診察時間が異なります。

AM 10:00〜12:00

PM 14:00〜16:00

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

ネコちゃんの健康診断

こんにちは、獣医師の竹内ですクマ

あっという間に冬っぽい気候になってきましたね冬

 

今年も残すところ、あとわずかになりましたぴのこ:)

当院では12月1日からネコちゃんの健康診断キャンペーンを実施しますき

健康診断の内容は血液検査です。採血をして検査を外部に委託しますので、

結果が出るまでに3~5日程度かかってしまいますごめん

健康診断なので、若いネコちゃんから、お年寄りのネコちゃんまで手

特に気になることがない時でも血液検査をすることで、その子の基準値を知ることもできますひらめき

 

特別な予約は必要ありません。受付に『健診希望』とお伝えください。

可能であれば、朝ごはんを抜いてきていただくと、より正確な数値が出ますお願い

もしよろしければ、この機会をご活用くださいエクステンション

お知らせ

こんにちは、獣医師の竹内ですクマ

 

お知らせがあります。

 

12月8日(金)午後14日(木)終日、院長が不在です。

どちらも診察は竹内が行います。

 

12月12日(火)終日、竹内が不在です。

診察は院長が行います。

 

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

2018年のカレンダー!

こんにちは。獣医師の竹内ですクマ

10月ももうすぐ終わり。今年も残すところ2か月になりました走

 

ついに、来年のカレンダーが完成しましたエクステンション

可愛いワンちゃんとネコちゃんの写真がいっぱいですき

11月から、来院された方に配らせていただきます。

 

数に限りがございますので、

ご希望の方はお早めに来院してくださいおじぎ

お知らせ

こんにちは。獣医師の竹内ですクマ

 

まず、交通規制のお知らせです。

 

11月3日(金)ですが、草加ふささら祭りのため当院周辺で交通規制が実施されます。

ご来院の際は、迂回が必要となりますので、ご注意ください。

 

 

次に、診察のお知らせです。

 

11月6日(月)、17日(金)ですが、院長が午後不在です。

午後の診察は竹内が行います。

 

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

 

お薬の飲ませ方

こんにちは。獣医師の竹内ですクマ

台風も過ぎ台風、天気が良くなってくれることを願うばかりです晴れ

 

今日は、『お薬の飲ませ方』についてです。

湿疹がある、膀胱炎になっちゃった、腰が痛そう、などなど

薬を飲ませていただく機会があるかと思います薬

今回は、ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギさんのお薬の飲ませ方を紹介します。

 

錠剤の飲ませ方(ワンちゃん、ネコちゃん)

1.利き手じゃない手で上顎や頬骨を持つ

2.上を向かせる(自然と少し口が開きます)

3.利き手で薬を持って、舌の上ではなく、のどの奥へ薬を入れる

4.飲み込むまで口を閉じる

という手順です。ポイントはなるべく1回で飲ませる、短時間で飲ませる、です。

失敗すると、薬が指についたり、我慢できなくなって飲ませづらくなります。

 

粉薬の飲ませ方(ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギさん)

1回量を1包ずつ分包し、スポイトとともにお渡ししますので、

1.水道水で薬をとかす(0.5mlくらいの少ないお水で)

2.くちびるをめくって犬歯(きば)の後ろから飲ませる

という手順です。ポイントは少ない水で薬をとかす、口を開けない、です。

 

錠剤のお薬は、味を感じにくいですが飲ませるのが難しい、

粉薬は、飲ませやすいですが味を感じて嫌がる子もいるという特徴がそれぞれあります。

それぞれ特徴がありますので、ご希望をお伝えくださいエクステンション

食べたら危ないもの

こんにちは。獣医師の竹内ですクマ

秋ってこんなに寒かったっけ、と最近思いながら

朝晩、犬の散歩をするようになりました寒い

 

今日は『ワンちゃん、ネコちゃんが食べてはいけないもの』についてですエクステンション

多くの方がご存知のものから、こんなものも危ないよというものまで、

少しですがご紹介させていただきます。

 

1.チョコレートチョコ

 チョコレート中のカカオ含有量が多いほど中毒が発生します。

 ホワイトチョコに比べて、ダークチョコの方が起こりやすいです。

 中毒が起こると、落ち着きがなくなったり嘔吐や下痢をしたり、

 ひどいと不整脈を起こしたりします心電図心電図心電図

 脂肪分が多いチョコレートでは膵炎を発症することもありますゆう★

 10kgの子での中毒量の目安

 ミルクチョコ 2枚、ダークチョコ 1/2枚、ホワイトチョコ 8枚

 

2.タマネギ類(ネギ、ニンニク、ニラなど)たまねぎニンニク

 タマネギ中のアリルプロピルジスルフィドが原因で中毒が発生します。

 中毒は食べた量にもよりますが、当日よりも数日後に、

 血尿、息が荒い、嘔吐、下痢などが起こります_| ̄|○

 10kgのワンちゃんでの中毒量の目安

 玉ねぎ 50g

 5kgの猫ちゃんでの中毒量の目安

 玉ねぎ 25g

 

3.キシリトールガム

 キシリトールが原因で中毒が発生します。

 低血糖でふらついたり、ボーっとしたり、嘔吐したりしますぼー

 10kgの子での中毒量の目安

 キシリトールガム 1粒

 

4.ブドウ類(ブドウ、レーズン)ぶどう

 具体的な原因はわかっていませんが、食べてしまうことで、

 腎臓が急速にダメージを受けます。

 10kgの子での中毒量の目安

 ブドウ 約200g、レーズン 約20g

 

他にも、色々とありますが、身の回りには食べたらいけないものが意外と多いですエクステンション

このブログの目安の量は、あくまでも目安で個人で差がありますので、

これよりも少なく食べても症状を出すことがあります0口0

誤って食べてしまったら、お電話でもいいのですぐ病院へご連絡ください電話